マイナンバー制度とは

●マイナンバーとは、国民一人ひとりが持つ12桁の番号のこと

マイナンバーは社会保障・税・災害対策の分野で利用されます。

平成27年10月から国民一人ひとりにマイナンバー(個人番号)が通知され、平成28年1月から社会保障、税、災害対策の行政手続きで必要になります。
このため、勤務先等からマイナンバーの提出を求められることになりますので大切に保管しましょう。

本人確認のための身分証明書として使える個人番号カードを発行。
平成27年10月以降にマイナンバー(個人番号)が記載された通知カードが送られてきます。
平成28年1月以降に市区町村の窓口で個人番号カードを受け取ることができます。

平成27年10月より市区町村から住民票の住所に送られる「通知カード」でマイナンバーが通知されます。
平成28年1月以降、市区町村の窓口で「個人番号カード」を受け取ることができます。
個人番号カードには、表面に氏名、住所、生年月日、性別(基本4情報)と顔写真、裏面にマイナンバー(個人番号)が記載された「ICチップ付きのカード」が予定されています。
このカードは、行政手続きだけでなくレンタル店やスポーツクラブに入会する場合などにも身分証明書として広く利用することができます。

この画面を閉じる