たのめーる特別価格!法人会員限定パソコンをご紹介


Make The Shiftキャンペーン

Windows 7 のサポートは終了しました。Office 2010 のサポートはまもなく終了します。古いデバイスではビジネスの保護はもちろんのこと、効率よくビジネスを展開することはできません。今こそ、Windows 10、Office、インテルvPro® プラットフォーム搭載のモダン PC1 に移行しましょう。モダン PC なら以下のことを実現します。

生産性の向上・セキュリティの強化・コストの削減

おすすめの商品

TANOSEE αエコペーパー タイプRW A4 500枚…
下記の商品がカートに入りました!
ThinkPad L590 15.6型 Core i5-8265U 500GB + PCインナーケース 15.6型ワイド ブラック 1セット
お申込番号 586-0173
メーカー型番 SET-003659
在庫状況 20
提供価格(税込)
177,078
カートに入れる

第8世代 Core i5
Core i5・500GB・15.6型液晶搭載のハイスペック モダンPCに軽くて丈夫なインナーケースが付いてお買い得価格!
CPU Intel Core-i5 8265U 1.6GHz
メモリ 8GB
ディスク容量 500GB
液晶サイズ 15.6型
OS Windows 10 Pro 64bit
Office Office Personal 2019(法人向け)
ThinkPad L590 15.6型 Core i5-8265U 500GB + PCインナーケース 15.6型ワイド ブラック 1セット
お申込番号 586-0180
メーカー型番 SET-003660
在庫状況 20
提供価格(税込)
192,940
カートに入れる

第8世代 Core i5
Core i5・500GB・15.6型液晶搭載のハイスペック モダンPCに軽くて丈夫なインナーケースが付いてお買い得価格!
CPU Intel Core-i5 8265U 1.6GHz
メモリ 8GB
ディスク容量 500GB
液晶サイズ 15.6型
OS Windows 10 Pro 64bit
Office Office Home & Business 2019(法人向け)
ProBook 250 G7/CT/SQ 15.6型 Core i5-8265U 500GB + PCインナーケース 15.6型ワイド ブラック 1セット
お申込番号 586-1729
メーカー型番 SET-003672
在庫状況 在庫あります
提供価格(税込)
141,900
カートに入れる

第8世代 Core i5
Core i5・500GB・15.6型液晶搭載のハイスペックモダンPCに軽くて丈夫なインナーケースが付いてお買い得価格!
CPU Intel Core-i5 8265U 1.6GHz
メモリ 8GB
ディスク容量 500GB
液晶サイズ 15.6型
OS Windows 10 Pro 64bit
Office Office Home & Business 2019
VersaPro VRT16/F-6 タイプVF 15.6型 Core i5-8265U 256GB(SSD) + PCインナーケース 15.6型ワイド ブラック 1セット
お申込番号 586-1736
メーカー型番 SET-003673
在庫状況 在庫あります
提供価格(税込)
167,200
カートに入れる

第8世代 Core i5
Core i5・SSD256GB・15.6型液晶搭載のハイスペックモダンPCに軽くて丈夫なインナーケースが付いてお買い得価格!
CPU Intel Core-i5 8265U 1.6GHz
メモリ 8GB
ディスク容量 256GB(SSD)
液晶サイズ 15.6型
OS Windows 10 Pro 64bit
Office Office Home & Business 2019
VersaPro VRT16/F-6 タイプVF 15.6型 Core i5-8265U 256GB(SSD) + PCインナーケース 15.6型ワイド ブラック 1セット
お申込番号 586-1743
メーカー型番 SET-003674
在庫状況 在庫あります
提供価格(税込)
166,100
カートに入れる

第8世代 Core i5
Core i5・SSD256GB・15.6型液晶搭載のハイスペックモダンPCに軽くて丈夫なインナーケースが付いてお買い得価格!
CPU Intel Core-i5 8265U 1.6GHz
メモリ 8GB
ディスク容量 256GB(SSD)
液晶サイズ 15.6型
OS Windows 10 Pro 64bit
Office Office Personal 2019
VersaPro VRT16/F-6 タイプVF 15.6型 Core i5-8265U 500GB + PCインナーケース 15.6型ワイド ブラック 1セット
お申込番号 586-1750
メーカー型番 SET-003675
在庫状況 在庫あります
提供価格(税込)
155,100
カートに入れる

第8世代 Core i5
Core i5・500GB・15.6型液晶搭載のハイスペックモダンPCに軽くて丈夫なインナーケースが付いてお買い得価格!
CPU Intel Core i5-8265U 1.6GHz
メモリ 8GB
ディスク容量 500GB
液晶サイズ 15.6型
OS Windows 10 Pro 64bit
Office Office Personal 2019
Officeがなくては完全なモダンPCとは言えません!

日本企業向けの手厚いサービス&サポートがセットになった「たよれーる Office 365」。

たよれーる Office 365は、大塚商会のサポートとマイクロソフトのクラウドサービスをセットでご提供します。ビジネスに欠かせない最新版Officeやスケジュール管理、Web会議、掲示版機能などの組み合わせをお選びいただけるプランを複数ご用意しています。

たよれーるOffice365

よく寄せられる質問への回答

  • ・なぜモダン PC にアップグレードすべきなのですか?
    インテル vPro® プラットフォーム搭載のモダン PC ならセキュリティの改善 (セキュリティ関連業務が 33% 低減)、7 パフォーマンスの高速化 (65% 向上)、3,5,13 スピーディーな処理 (マルチタスク機能が 1、3 倍も高速化)を実現し、3,4,5 終日安心して仕事ができる長時間駆動のバッテリー6でコストと時間が節約できます。
  • ・既存の PC を Windows 10 にアップグレードできますか?
    はい。互換性のある Windows 7 の PC をフルライセンスの要件に基づいてアップグレードできます。最新のハードウェア性能を活用するには、Windows 10 が搭載された最新の PC に移行することをお勧めします。
  • ・引き続き Windows 7 を使用できますか?
    はい、Windows 7 を引き続きご使用いただけます。ただし、対象サポートは 2020 年 1 月 14 日に終了したため、お使いの PC はセキュリティ上のリスクに対してより脆弱となります。Windows は引き続き機能しても、セキュリティや機能の更新情報が受け取れなくなります。
  • ・Windows 7 のライセンス認証を行うことはできますか?
    Windows 7 はサポートが終了した後もライセンス認証のインストールや有効化が可能です。けれども、セキュリティ上のリスクやウィルスからデバイスを保護するために、Microsoft では Windows 10 にアップグレードすることをお勧めしています。
  • ・Windows 7 に搭載されている Internet Explorer は引き続きサポートされますか?
    Windows 7 デバイス上での Internet Explorer のサポートは 2020 年 1 月 14 日に終了しました。Internet Explorer は Windows オペレーティング システムのコンポーネントとして、同じサポートのライフサイクルに従います。
  • ・企業や組織が Windows 7 のサポート終了期限を逃してしまった場合、何らかのオプションはありますか?
    仮想化ソリューションが適切とされる企業や組織には、Office 365 ProPlus 向けに最適化されたマルチユーザー Windows 10 エクスペリエンスを提供する唯一のクラウドベースのサービスである Windows Virtual Desktop をご利用いただけます。これには無料の Windows 7 拡張セキュリティ更新プログラムが含まれています。これらの拡張セキュリティ更新プログラムは、Windows 10 への移行に十分な時間を必要とする Windows 7 (および Windows Server 2008/R2 および SQL Server 2008/R2) 組織の最終手段として、個別に購入することも可能です。
  • ・Windows 7 拡張セキュリティ更新プログラム (ESU) はいつから利用可能ですか?
    拡張セキュリティ更新プログラムはボリューム ライセンス(VLSC)でご購入の場合、2019年4月1日よりご利用可能です。拡張セキュリティ更新プログラムは 2019年12月1日よりクラウドソリューションプロバイダー (CSP) プログラムにてご購入可能です。
  • ・すべての組織規模で拡張セキュリティ更新プログラムを利用できる場合でも、最新 Windows 10 デバイスへの移行を検討する必要があるのはなぜですか?
    Microsoft では、お客様にはそれぞれ異なるアップグレード プロセスが存在することを認識しています。拡張セキュリティ更新プログラムは、サポート終了期限を経過し Windows 10 への移行が不可能なデバイス向けの最終手段として推奨するオプションです。Windows 7 対象拡張セキュリティ更新プログラムはデバイスごとに販売され、価格は 2023 年 1 月まで毎年上昇します。 Windows 10 が提供する最新セキュリティ、生産性、管理機能は定期的に更新され、かつサポートされています。そのため、Windows 10、Office 365、最新セキュリティ機能を含む Microsoft 365 を搭載したモダン PC への移行をお勧めします。
  • ・Office 2010 を引き続き使用するとどうなりますか?
    Office 2010 を引き続きご使用いただけますが、サポートが終了すると、お使いの PC はセキュリティ上のリスクに対してより脆弱となります。Office は引き続き機能しても、セキュリティや機能に関する最新情報を受け取れなくなります。
  • ・Office 2010 のサポート終了に対してどのように備えるべきですか?
    自社の技術戦略を評価し、Office 2019 および Office 365 でのビジネス向け最新ソリューションから得られる利益について考えるには、今が絶好のタイミングです。
  • ・Office 2010 は Office 365 に対応し続けますか?
    2020 年 10 月 1 日以降、Exchange Online のような Office 365 のサービスへの接続には対応できなくなります。生産性の損失を防止するために、Office デスクトップ アプリを含む Office 365 プランにアップグレードしてください。
  • ・Office 2013 もしくは Office 2016 ではなく、Office 2019 にアップグレードする必要があるのはなぜですか?
    非サブスクリプション型 Office の最新バージョンであるのが Office 2019 です。Office 2019 が提供する新しいインテリジェントなツールと機能を社員はフルに活用でき、同時にビジネスの保護とコンプライアンスも確保しながらクラス最高の生産性を実現します。
  • ・Office 2019 と Office 365 との違いは何ですか?
    Office 365 では、最大限の成果を実現します。Office 365 サブスクリプション プランでは、常に最新版の Office アプリケーション (Word、Excel、PowerPoint、Outlook、Publisher、Access) を使用することができ (Publisher と Access は Windows PC のみ)、追加の OneNote 機能にもアクセスが可能です (機能はそれぞれ異なります)。Office 365 は PC、Mac、Android™ タブレット、Android スマートフォン、iPad®、iPhone® など、複数のデバイスにインストール可能です。さらに、Office 365 では、OneDrive のクラウドストレージ、家庭で使用できる Skype 通話プラン、Outlook.com の高度なセキュリティなどのサービスを利用できます。Office 365 サブスクリプションの有効期間中は、常に最新バージョンの Office アプリケーションを使用できます。

    Office 2019 は 1 回限りの購入による永久ライセンスで、永続版の Office アプリケーション (Word、Excel、PowerPoint など) が含まれており、1 台の Windows PC または Mac で使用できます。これらのアプリケーションは自動的には更新されません。最新バージョンを入手するには、新しいバージョンが発売されたときに改めて Office を購入する必要があります。1 回限りの購入による永続ライセンス版の Office アプリケーションの最新バージョンは、Windows 版と Mac 版のどちらも Office 2019 です。以前のバージョンとしては、Office 2016、Office 2013、Office 2011 for Mac、Office 2010、Office 2007、Office 2008 for Mac、Office 2004 for Mac があります。1 回限りの購入による永続ライセンスの Office には、Office 365 で利用できるサービスは含まれていません。
  • ・Office 365 を使用するためにはインターネット アクセスは必要ですか?
    Office をデバイスにインストールし、ライセンス認証した後であれば、Office の使用にはインターネットへのアクセスは必要ありません。ただし、インストールとライセンス認証、および更新プログラムのインストールや支払い管理にはインターネットへのアクセスが必要になります。OneDrive デスクトップ アプリをインストールしている場合を除き、OneDrive に保存されたドキュメントへのアクセスには、インターネット アクセスが必要です。 ただし、Office アプリケーション (Word、PowerPoint、Excelなど) のインストール後は、オフライン使用が可能です。

    また、購入した Office を常に最新の状態に保ち、自動アップグレードを利用するには、定期的にインターネットに接続する必要があります。インターネットに接続しない状態が 39 日以上続くと、アプリケーションは機能制限モードとなり、ライセンスのない製品というエラーが表示される場合があります。Office アプリケーションの全機能を再び使用できるようにするには、インターネットに再接続し、Office 365 にサインインします。

パソコンの選定、台数口のお見積りなど専門スタッフが承ります。

インサイドビジネスセンター

*Webでのお問い合わせ、メールでの連絡をご希望の方は、「お問い合わせ」ボタンをご利用ください。

  • 1. 別売り。
  • 2. 第 8 世代インテル® Core™ vPro® i7-8665U プロセッサーとインテル® Core™ vPro® i5-8365U プロセッサー。
  • 3. 性能の測定結果は 2019 年 3 月 21 日および 2019 年 4 月 3 日時点のテストに基づいています。また、現在公開中のすべてのセキュリティ アップデートが適用されているとは限りません。詳細については、公開されている構成情報を参照してください。絶対的なセキュリティを保証できる製品はありません。
    性能に関するテストに使用されるソフトウェアとワークロードは、性能がインテル マイクロプロセッサー用に最適化されていることがあります。SYSmark やMobileMark などの性能テストは、特定のコンピューター システム、コンポーネント、ソフトウェア、操作、機能に基づいて行ったものです。結果はこれらの要因の変更によって異なることがあります。製品の購入を検討される場合は、他の製品と組み合わせた場合の本製品の性能など、他の情報や性能テストも参考にして、パフォーマンスを総合的に評価することをお勧めします。パフォーマンスおよびベンチマークの結果についての詳細は、http://www.intel.com/benchmarks をご参照ください。
  • 4. 測定値は Office の生産性およびマルチタスキング ワークロードをマルチタスク処理した場合の、第 8 世代インテル® Core™ i7-8665U と第 6 世代インテル® Core™ i7-6600U との比較。スライド 20 枚、2.35 MB の Microsoft PowerPoint の .ppt プレゼンテーションファイルを解像度 1920x1080、 映像コーデック H.264、 動画ファイル形式 MP4 のビデオプレゼンテーション (30 MB) としてエクスポート。ビデオプレゼンテーションを再生しながら 1)801 ページ、 6.49 MB の Microsoft Word の .docx ドキュメントファイルを 3.7 MB の PDF ファイルに変換し、2)68.4 MB の Microsoft Excel の .xlsm マクロ有効ブックを再計算。
  • 5. 更新時の新しい構成: インテル® Core™ i7-8665U プロセッサー (インテル・リファレンス・プラットフォーム)、15W TDP, 4C8T, ターボ時最大 4.8 GHz、グラフィックス: インテル® UHD グラフィックス 620、メモリー: 2 x 4 GB DDR4-2400, ストレージ: 512 GB インテル 760p SSD, OS: Microsoft Windows* 10 RS5 Build バージョン 1809 (Build 1763v1), BIOS: x177, MCU: A8 とインテル® Core™ i7-6600U プロセッサーを搭載したOEM システム、PL1=15W TDP, 2C4T、ターボ時最大 3.9 GHz、インテル® HD グラフィックス 620、ディスプレイ: 14 インチ、解像度 1920 x 1080、メモリー: 8 GB DDR4、ストレージ: 256 GB SSD、バッテリー容量: 36 WHr, OS: Microsoft Windows* 10 Pro RS5 Build バージョン 1809 (Build 1763v292), BIOS: v1.0.1, MCU: C2.
  • 6. バッテリー駆動時間: インテル® Core™ i7-8665U プロセッサーを搭載した試作 OEM システム上で実行した MobileMark* 2018 のワークロードでの測定によると第 8 世代インテル® Core™ i7-8665U は 1 日中使用できる最大 11 時間のバッテリー持続時間を実現。PL1= 15W TDP、4C8T、ターボ時最大 4.8GHz、グラフィックス: インテル® UHD グラフィックス 620、ディスプレイ: 解像度 1920x1080 の 14 インチ画面、メモリー: 16GB、ストレージ: Hynix 256GB、バッテリーサイズ: 52 WHr、OS: Windows® 10 Pro、BIOS: v.1.0.1、MCU: AA ディスプレイの輝度は DC 電源で 150nit に設定されています。システムのワイヤレス ネットワークアダプターがオンになっており、インターネットに接続されていないワイヤレス ネットワークに関連付けられています。
  • 7. Windows 10 では、IT スタッフによる復旧作業を要するセキュリティ関連業務が 最大 33% 削減または回避。「The Total Economic Impact™ of Microsoft Windows 10」 2016 年 Forrester 社実施調査。
    https://query.prod.cms.rt.microsoft.com/cms/api/am/binary/RWrHjm。絶対的なセキュリティを保証できる製品はありません。
  • 8. 「The Total Economic Impact™ of the Intel vPro® Platform」 2018 年 12 月 Forrester 社実施調査インテルは Forrester Consulting に依頼し、アメリカ、イギリス、ドイツ、日本、中国でインテル vPro®プラットフォームを使用する中規模企業 (従業員数 100 名以上 1、000 名以下)の 256 人の IT マネージャー対象に調査を実施しました。そのうち 75% が、インテル® Core™ vPro®プロセッサーと Windows 10 を搭載した PC は以前よりも安全であるという見解に「同意」または「強く同意」しています。Intel.com/vProPlatformTEI で、全調査結果をご覧ください。
  • 9. 2018 年 Techaisle 実施調査、SMB PC Study
  • 10. 記載されているコスト削減シナリオは、特定の環境における特定のインテルベースの製品が今後のコストに影響を与え、コスト削減を実現する方法の例として挙げられています。 状況は異なる場合があります。インテルは、いかなるコストまたはコスト削減も保証いたしません。
  • 11. 2019 年 Techaisle 実施調査、SMB PC Study
  • 12. Windows 10 は Windows 7 アプリの 99% と互換性があります。一部のハードウェア/ソフトウェア要件が適用されます。また、デバイスや市場によりご利用いただける機能が異なる場合がありますので了承ください。インターネット接続環境が必要です。互換性とインストールに関するその他の重要情報は、デバイス製造元の Web サイトおよび www.windows.com/windows10specs をご覧ください。更新には追加要件が適用される場合があります。
  • 13. システム パフォーマンス: 第 8 世代インテル® Core™ i7-8665U プロセッサーと第 6 世代インテル® Core™ i7-6600U プロセッサーで SYSmark* 2018 を実行し、それぞれの測定値を比較しています。SYSmark* 2018 は、ベンチマーク・コンソーシアムの Business Applications Performance Corporation (BAPCo) により公開されています。SYSmark は、実際のシナリオ (生産性、創造性、応答性) を使用して Windows* デスクトップ・アプリケーションのパフォーマンスをテストしています。このシナリオで使用されたメインストリーム・アプリケーションには、Microsoft Office*、Adobe Creative Cloud*、Google Chrome* があります。各シナリオでは、個々の指標を測定して総合スコアを集計しています。