オフィス用品の通販サイト「たのめーる」(法人・個人向け)

お問い合わせ
法人様 フリーダイヤル 0120-881-969
個人様 フリーダイヤル 0120-326-270
ようこそ ゲスト 様
合計 0 商品( 0 点)
0(税込)
  • すべて
  • コピー用紙
  • OA・PC消耗品
  • CAD・製図用品
  • ファイル
  • 文具・事務用品
  • 梱包・工具・作業用品
  • 食品・飲料
  • 衣料・生活用品
  • 事務機器・家電・電池
  • パソコン・パソコン周辺機器
  • ソフト・書籍
  • オフィスファニチャー
  • 介護用品

蛍光ペン<プロマークビュー>&<プロパス・ウインドウ> 商品開発秘話

蛍光ペン<プロパス・ウインドウ>&<プロマークビュー> ペン先に窓がある はみ出し知らずの蛍光ペン 2013年度グッドデザイン賞受賞 iFデザインアワード2014受賞

たのめーるのカタログにも多数掲載されている蛍光ペンですが、意外な特徴があるものも多いのをご存知ですか?
線の太さや、インク色だけでなく、「はみ出さずにキレイにマークができる」蛍光ペンというものもあるんです。
今回はペン先に透明の窓がついている蛍光ペン「プロマークビュー」と「プロパス・ウインドウ」の開発秘話をご紹介いたします。

2014年6月26日掲載

秘密No.01 開発のきっかけ

ペン先説明図 従来のものは引き終わりがわかりにくい 窓があったら終わりがよく見えるのでは??

みなさんは蛍光ペンと言われてどのようなデザインを思い浮かべますか?
黒軸に太字と細字のツインタイプを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。
実は15年ぐらい前までは蛍光ペンといえば黒軸というのが定番でした。
しかし、2,000年頃を境に今度は軸が透明色のカラフルなものが増え始め学生の定番となりました。
これらの蛍光ペンの中で、今までとは違う特徴を持った蛍光ペンを開発しようということで企画されたのが「プロパス・ウインドウ」でした。
蛍光ペンで覚えたいところや強調したいところをマークする際に、よくある困りごとが引き終わりが見えないのでつい引きすぎてしまったり、逆に線が足りなくて書き足したら、そこだけインクが2重になって濃くなってしまったりするということでした。
そこで「ペン先に窓があったらきれいに引けるのではないか?」と思いついたことがきっかけでした。
こうして、ペン先を平らな芯ではなく枠の形にして透明の窓をつける形の「プロパス・ウインドウ」が開発されました。

秘密No.02 更に窓を進化させてビジネスユースに応えたい!

ペン先説明図 従来のものは引き終わりがわかりにくい 窓があったら終わりがよく見えるのでは??

プロパス・ウインドウの窓は引きたいところにぴったり線が引けると好評だったのですが、デザインは他社の蛍光ペンと大きく違わないため店頭やカタログでは違いに気づかれにくいということがありました。
さらに、ビジネスの場面では暗記のためのライン引きよりもチェックマークを入れるために使われることもあることがわかってきました。
そこでデザインを一新し、さらに進化した窓付き蛍光ペンをつくろうと企画されたのが「プロマークビュー」です。
まず最初のテーマは極限まで窓を大きくするということでした。
「プロパス・ウインドウ」は芯の真ん中を開けて窓をつけるという形を採用しました。
この場合、枠の部分に使う芯の太さをこれ以上細くしてしまうとインクが出にくくなってしまうため、同じ形でこれ以上窓を大きくすることは出来ませんでした。
そこで考え方を全く変えて、窓に枠をつける形ではなく中心に寄せてみたらうまくいくのではないかとひらめきました。
中心にインクを通すのであれば芯の素材にこだわる必要はなく、ペン先にインクを通すための通り道さえ作れればいいという発想にたどり着いたのです。
この方法であれば、「直液式」のホワイトボードマーカーで使われてる技術を応用すれば実現できるのではないかということでさっそく試作が行われました。

従来の筆記具にはない形の部品を作ることで大きな窓を確保することに成功し、「プロマークビュー」の方針が決定しました。

秘密No.03 より使いやすい窓とペン先を考える

穴が中心にあるから、まっすぐ引ける!

「プロマークビュー」の基本的な仕組みが決まったので、次に検討したのは穴の太さでした。
濃くハッキリした線を引くためには穴を大きくしインクの流量を多くしたほうがいいのですが、
それでは窓の邪魔になってしまいます。
そこで、十分な発色ができる最も細い穴の太さを見出すために試作を繰り返し、ようやくベストな穴の大きさにたどり着きました。
次に検討したのは穴の位置でした。窓をより広く取るためには穴を端に寄せたほうがいいのではないかとも考え、社内でモニタリングを行った結果意外なことに中心に穴があるほうが使いやすいことがわかりました。
中心に穴があると線を引くときに目印になって、まっすぐ引きやすいということがわかったのです。こうして「プロマークビュー」の窓の形が決まりました。

分解してみると・・・ペン先・窓・芯とたくさんの部品でできていることがわかります

さらに、より使いやすくするために工夫されたのがペン先です。
従来の蛍光ペンのペン先は糸をつむいで作ったものを切断して作られています。そのため、使っているうちにどうしても毛羽立ってきてしまいます。
それに対して「プロマークビュー」のペン先は丸いプラスチックを固めたもので作られています。
このため書き味がなめらかできれいに線を引き続けることが出来ます。

秘密No.04 オフィスになじむオシャレなデザイン

社会人の場合、学生と違って筆記具を常に持ち歩くということは多くないのでデスクになじみやすいシンプルなデザインを考えました。
実は蛍光ペンは黒い軸の方がいいという人も多くいることから軸は黒で、さらにペン立ての中で迷子にならないように自立する形を採用しました。
こうすることで、机上ですぐに手に取れる利便性とスマートな保管方法を両立させることが出来ました。
楕円断面の平たい形状の本体は、手になじみやすく、安定して線を引くことが出来ます。
さらにキャップにもこだわりました。いつもの蛍光ペンで線を引くときのことを思い浮かべてみてください。
キャップを開けて、ペン先の向きをあわせてから線を引くと思います。
「プロマークビュー」の本体は楕円形ですから、おのずと握る方向が決まってきます。
そのためキャップを開けたときに必ずペン先がそのまま線を引ける向きになっているのです。
さらにキャップをひねって開ける形にすることで、軽い力で簡単に開けられるようにしました。
こうして完成した「プロマークビュー」は2013年度グッドデザイン賞や、世界最大の国際デザイン賞「iFデザインアワード2014」を受賞するなど幅広く評価されています。

プロマークビューのペン先

握りやすいから広範囲をマーキングするにも便利だね♪
ペン先の窓が見やすいだけじゃなくて、キラキラして見えるのも
仕事のやる気UPにつながりそうだよね。
文章だけじゃなくて、会議資料のグラフにマークを入れたいときにも
ピッタリ引けて気持ちがいいよ!
上司に提出する書類もきれいに仕上げて印象UPだね。

たのくん

商品情報

TANOSEE αエコペーパー タイプRW A4 500枚…
下記の商品がカートに入りました!
三菱鉛筆 蛍光ペン プロマークビュー 5色(各色1本) PUS1545C 1パック
お申込番号 013-6770
メーカー型番 PUS1545C
販売単位 1セット
メーカー希望小売価格(税込)
810
提供価格(税込)
648
カートに入れる

三菱鉛筆 蛍光ペン プロパス・ウインドウ ピンク PUS102T.13 1本
お申込番号 016-7024
メーカー型番 PUS102T.13
販売単位 1本
メーカー希望小売価格(税込)
108
提供価格(税込)
75
カートに入れる