持田ヘルスケア 介護向けスキンケア おすすめ商品情報

持田ヘルスケア 介護向けスキンケア おすすめ商品情報

2019年6月26日掲載


日常的におむつを使っている方

皮膚の抵抗力が弱くなっているご高齢者の方の部分洗浄に、介護用全身洗いに。
有効成分が、気になるニオイや菌をすっきりと洗います。
介護用パンツをご使用の方は不潔なままにしておくと、カビや細菌の繁殖の原因になるのでお尻まわりのケアにもお使いください。
また、お布団で過ごすことが多いお年寄りの方のフットケアはとても大切です。
介護する人もされる人も、様々なシーンで清潔さを基本とした予防ケアをしましょう。

コラージュフルフル泡石鹸

    • お尻まわりの洗浄
    • フットケア
    • ニオイ予防
    • ストーマ周辺皮膚の洗浄に
    • ●抗真菌(抗カビ)成分と殺菌成分をダブル配合
    • ●高齢者のデリケートな肌にも使えるこだわり処方
    • ●部分洗浄にも使いやすい、やさしく汚れを落とす泡タイプ
    • ●気になる部分の洗浄や、ニオイ予防のスキンケアに

商品情報

TANOSEE αエコペーパー タイプRW A4 500枚…
下記の商品がカートに入りました!

汚れとともに「菌」も「ニオイ」も洗う、泡タイプの薬用抗菌石鹸!

汚れとともに「菌」も「ニオイ」も洗う、泡タイプの薬用抗菌石鹸!

洗い方のポイント

●石鹸や洗浄剤を使用した洗浄は1日1回
●排泄物がある場合は、あらかじめ取り除く
●ナイロンタオルなどでごしごし洗わない

洗い方のポイント
こんなシーンにおすすめ

入浴ができない時がある方

入浴できない場合におすすめなのが清拭。清潔を保つことができ、マッサージ効果も期待できます。
頻繁に入浴ができない場合、清潔が保ちにくくなります。

商品情報

TANOSEE αエコペーパー タイプRW A4 500枚…
下記の商品がカートに入りました!
持田ヘルスケア スキナふきふき 500ml 1本
お申込番号 565-3496
提供価格(税込)
1,706
カートに入れる

入浴できないときのお肌の清浄に。

洗い方のポイント

準備品:スキナふきふき、洗面器、お湯、タオル


  • 約2リットルのお湯に対し、スキナふきふきを5~10mLの割合で加えます。


  • 溶液にタオルを浸してしぼる。


  • 身体を拭く。


  • ひとりで身体を拭ける人の場合、できるところは本人が拭き、背中は介助してください。

高齢者のデリケートな皮膚を健やかな状態に保つための
スキンケアの3原則

洗浄・保湿・保護は皮膚を健やかな状態に保つための大切な3原則です。

乾燥してきめが粗くなった皮膚は外部からの刺激に弱く、湿疹・かゆみなどがおこりやすくなっています。
そのため、皮膚からの刺激物、異物、感染源などを取り除く洗浄と角質層の水分を保持する保湿と尿や便が直接皮膚につかないように保護が必要です。

高齢者の皮膚

加齢によって皮膚の分泌が減ってしまうことで、高齢者の肌は水分保持のためのバリア機能が低下して乾燥しがちになります。その状態が続くと、かゆみや真菌(カビ)・細菌の感染などによるさまざまな肌トラブルを引き起こす要因にもなりかねません。

乾燥した皮膚、浸軟した皮膚と正常な皮膚

在宅介護が必要な状態でおこりやすい肌トラブル

  • 布団で過ごすことが多くなる

    血流が悪くなって生理機能が低下したり、抵抗力も弱くなり、床ずれになりやすい。

  • 入浴や洗髪の回数が減る

    清潔が保ちにくく、乾燥やかゆみがおこり、真菌(カビ)・細菌が増殖しやすくなることも。

  • おむつを使っている

    排泄物の汚れが付着し、湿潤状態が継続されると、真菌(カビ)・細菌の繁殖が見られたり、おむつかぶれができやすくなることも。

皮膚のバリア機能は弱酸性の皮脂膜に覆われることで保たれていますので、皮脂にとって低刺激な弱酸性のスキンケア用品を使いましょう。