エバースマイル とろみ付きボトル飲料 おすすめ商品情報

エバースマイル とろみ付きボトル飲料 おすすめ商品情報

体内水分量

体内水分量が不足しやすい高齢者は、喉の渇きを感じなくても、こまめな水分補給が必要です。一方で、加齢による喉の力の弱まりでむせやすくなるため、水分摂取時にはとろみ付けなど、誤嚥を防ぐひと手間も必要。つい億劫で飲食を控えがちという声も少なくありません。熱中症などの危険を防ぐためにも、上手な水分補給は重要な課題です。
エバースマイルは、高齢の方や嚥下障害を持つ方にも安心してご利用いただける、ボトル缶入りとろみ飲料。飲みやすく、いつでも手軽に楽しめる工夫をこらしています。


2019年6月1日掲載

熱中症で亡くなられる方の約8割が65歳以上です!

人口動態統計(平成29年 確定数)

年齢が高くなるほど、気温の変化や喉の渇きに対する感覚や調整機能が低下するため、水分摂取が遅れがちになります。
それにより、脱水症状や熱中症の引き金となり、重症化しやすい傾向も。
体の熱を逃がす力も弱まるので、暑さが心臓などの循環器系にかける負担は若年者以上に大きくなります。年代別にみても、熱中症による死亡者の約8割は満65歳以上です。
手間やわずらわしさで水分補給を怠ってしまうと、命にかかわる危険にもつながりかねません。

水分補給が必要なのはわかっている。 でも、むせてしまうから飲みたくない…
それは、嚥下障害かもしれません。

嚥下障害の症状が出てくると、飲むことが億劫になってしまいがち。

飲み込む力が弱まってくると、水分や食物を飲み込む時にむせることが多くなります。とくに水分はむせやすいため、飲むことを億劫と感じてしまいます。ただでさえ体内の水分が不足しがちで、こまめな水分補給を必要とする高齢者にとって、嚥下障害は水分補給を阻む大きな障害になります。

そのような飲み込む力が弱まった方が、水分を補給する際にむせにくくする為には、とろみをつけることが必要です。とろみがあることにより、喉を通過するスピードがゆっくりになり、むせにくくなります。

むせてしまう方に!

こまめな水分補給に、はじめから「うすいとろみ」がついた
「エバースマイル とろみ飲料」を是非お試し下さい

手軽で安全!エバースマイルとろみ飲料の
3つのおすすめポイント

  • ポイント
    1
    とろみ付きで
    手間いらず

    毎回水分補給のためにとろみ付けするのは、時間も負担もかかり、なかなか大変。
    エバースマイルは、熱中症や脱水症状を防ぐのに効果的なスポーツ飲料や、美味しさにもしっかりこだわったお茶類などに、はじめからうすめのとろみ(※1)がつけてあるので、フタを開けるだけで、欲しい時にいつでもお楽しみいただけます。
    ※1:とろみ加減は、日本摂食・嚥下リハビリテーション学会分類2013(とろみ)の「うすいとろみ」に対応しています。

  • ポイント
    2
    安心安全!
    均一なとろみ

    市販のとろみ剤で飲み物にとろみ付けするのは、意外と難しいもの。
    冷たいものには溶かしにくかったり、熱いものでも、とろみがダマになってしまったりした経験がある方も多いと思います。
    エバースマイルは、安定したとろみ付けに成功。光を遮断するアルミボトル缶を採用しているので、温かくても冷たくても(10℃~50℃の範囲内)、均一な粘度が保たれます。

  • ポイント
    3
    再栓可能な
    ボトル缶入り

    「一度にたくさん飲めない」「外出先で飲料にとろみ付けできない」というお悩みにも対応。
    エバースマイルは、再栓できるボトル入りなので、飲みたい分だけ注いでフタをしておけば、またあとで欲しくなったときにいつでもお召し上がりいただけます。外出時やイベント時の持ち歩きにも便利!
    常温で1年半保存できるので、冷蔵庫のスペースを気にせず備蓄できて、いざという時のための安心にもつながります。

商品情報

TANOSEE αエコペーパー タイプRW A4 500枚…
下記の商品がカートに入りました!

とろみ付け不要のそのまま飲めるボトル缶入り飲料。

とろみ付け不要のそのまま飲めるボトル缶入り飲料。

とろみ付け不要のそのまま飲めるボトル缶入り飲料。