たのくんコラム

オフィスでできるヘルスケア・健康対策を紹介していくよ♪

正しい歯みがきを覚えよう!


おいしい食べ物を食べたり、おしゃべりを楽しんだり……いくつになっても充実した毎日を過ごしたいもの。そのためには、健康な歯を維持し続けることが大切だよ。今回は虫歯予防に役立つ正しい歯みがき知識を紹介するね♪


虫歯の原因ってなに?

虫歯の原因は「ミュータンス菌」という細菌。ミュータンス菌は食べかすの中の糖質を分解して、歯垢(プラーク)を作るんだ。この歯垢がミュータンス菌のすみかとなり、菌が増殖して「酸」を作り出すんだよ。この酸が歯をとかし虫歯となってしまうんだね。だから虫歯予防のためには、菌と歯垢をきれいにする「歯みがき」が何より大事なんだ!


虫歯菌がいちばん多いのはどんなとき?

さて、いわゆる虫歯菌(ミュータンス菌)が増えやすいタイミングはいつだろう?それは眠っている間なんだ。唾液の殺菌・抗菌作用のおかげで日中は菌が増えにくいのだけれど、睡眠中は唾液の分泌が減って口の中が乾燥しがちに……。虫歯菌にとっては、このときが増殖の大チャンス!菌の好きにさせないために、就寝前は念入りに歯をみがこう。


そして、起床したらまた歯みがき!寝てる間に増えた菌を、朝食で飲み込んでしまわないように、なるべく早く歯みがきしよう。朝の歯みがきは「起床時」「朝食後」にできると理想的だけど、時間がないときは、朝一番の歯みがきを優先して、食後は「口うがい」にとどめるのでもOKだよ!


【歯みがきタイミング一覧】
起床時 睡眠中に増殖した菌をしっかり洗い流そう!
朝食後 口の中の食べかすをきれいにしよう
時間がなければ「うがい」でもOK!
昼食後
夕食後
就寝前 増殖する菌を残さないようしっかり磨こう!

「歯ブラシ&歯みがき粉」選びも大切!

歯ブラシにもいろいろなタイプがあって、何を選べばいいか迷ってしまうね。毛が太く硬めの歯ブラシは汚れを掻き出す力が強く、毛が細く柔らかいタイプは細部まで毛先が届く反面、汚れを落とす力が弱いという特徴があるよ。極細毛の歯ブラシを使っているなら、その分、ブラッシング時間を長めに取ることが必要だね。1本でいいとこどりするのは難しいから、歯ブラシを使い分けるのもいいね!


また、歯みがきにぜひ取り入れてほしいのが「デンタルフロス」。歯ブラシの毛先では掻き出せない、歯間の汚れを取り除くことができるよ。デンタルフロスはブラッシング前にするのが効果的!


歯みがき粉は虫歯菌を防ぐフッ素配合のタイプや、歯周病対策には塩酸クロルヘキシジン、知覚過敏には乳酸アルミニウムなど、目的に合った成分が入っているものを選ぼう。ちなみに、フッ素の効用を最大限活かすためには、ゆすぎの回数を少なめにして、成分を洗い流さないことが大切といわれているよ。とはいえ、「口の中をすっきり流したい!」って人にはデンタルリンスもオススメ。


歯みがきはタイミングがとても重要!ポイントをおさえて毎日のデンタルケアに活かしてね♪