たのくんコラム

ビジネスマナーの基本を紹介していくよ♪

ハガキ・封筒の表書きのルールと年賀状


ハガキや封筒の表書き、何気なく書いてしまっているってことは多くないかな?


受け取った人に『この書き方はおかしいな』と思われていたら恥ずかしいよね。正しい書き方をおさらいしておこうか。


■縦書きの場合

日本語の文字並びが礼儀正しくきれいに見えると言われている縦書き。縦長の和封筒には縦書きしようね。


  1. 郵便番号欄から1文字分下げて住所を書き出す。位置は、郵便番号欄の右端に大体合わせよう。住所が2行に渡る場合は1行目から1文字下げて2行目を書いてね。
    数字は漢数字で書くのが正式(※)だよ。ビル名も略さないで。
  2. 社名の書き出しは、住所の2文字目と同じ高さにそろえる。「株式会社」「有限会社」などは略さず書こう。(株)といった書き方はしないでね。
  3. 部署名は必ず書いてね。先方の社内で郵便物が迷子になったら大変だから。
  4. お名前が表面の中央にくるようにバランスを考えよう。大きめの字で書いてね。
     そして、敬称は「様」を使おう。「殿」は、目上から目下にあてるイメージを持っている人も多いから、使わないほうが無難。どなたに対しても「様」なら問題ないよね。

※洋封筒を使っている場合は宛名は横書きになるね。その場合は、数字はアラビア数字で書いてね。


【おまけ 年賀状マナー】

■賀詞の選択

「恭賀新年」「賀正」「明けましておめでとうございます」etc. こうしたあいさつの言葉は「賀詞」というんだけど、どういう賀詞をあなたは選んでいるかな?


「謹んで」「うやうやしく」という意味の文字が入っていない賀詞、たとえば「新春」「迎春」「賀正」などは、目上の人にあてるのは失礼だと思われることもあるんだって。


ビジネスの年賀状では

謹んで新年のお慶びを申し上げます
謹んで新春の寿ぎを申し上げます
謹賀新年
恭賀新年

などを使うとバッチリ。


それと

明けましておめでとうございます

は、目上の方にも使ってOKだから、これだと無難だね。


■「おめでとう」が使いにくい相手へは

たとえば、被災された取引先や、入院されている上司にあてるときは「おめでとう」も「慶び」も使いにくいよね。そういう場合は、

謹んで年始のご挨拶を申し上げます

としておくのはどう?


郵便物一つとっても、相手を思いやる気持ちで文字を書く・言葉を選ぶようにしたいよね。そのやさしさ、ていねいさが先方伝わるとうれしいね。


字が下手だという人も、ていねいに気持ちを込めて一文字ずつを書けば誠実さは文字に表れると思うよ。書きなぐりは絶対にしないでね。